Vol.63 2009/1/15  フリースタイルメールマガジン 1月号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
FREESTYLE  NEWS     Vol.63  2009/1/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コ   ラ    ム   モーグルサポーター制度   角皆優人
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
白馬五竜で、モーグルサポーター制度がスタートしました。
F-style Club メンバーが中心になり、五竜のモーグル環境を改善しようと
いう草の根運動です。
かつて、モーグルスキーヤーは見ず知らずの人たちが自然に協力し合い、ジ
ャンプ台を作ったり、デラパージュをかけたりするのが普通でした。そんな風
潮がいつからか「スキー場がやってあたりまえ」「モーグルスクールがやって
あたりまえ」に変わり、気が付けばモーグルコースがあるのはほんわずかなス
キー場だけ。その数は年々減っています。
じっさい自分たちで作業するのはたいへんです。しかし、自分たちでできる
なら、永遠に続けることも可能。持続可能な未来が見えてきます。完璧は望め
ませんし、大した環境はできないかもしれません。しかし、自分たちの場を自
分たちで整備できるなら、確実によりよい環境が生まれます。やらないより確
実によい環境が実現します。
小さな火でもいい。わたしたちF-style Schoolとクラブは、その火を掲げ
続けていきますので、ぜひ活動にご協力ください。

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最  新  情  報
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆白馬五竜フリースタイルアカデミー(F-style)
http://tsunokai.com/hakuba/
選手コースも千客万来。毎週末には魅力的なキャンプで皆様のお越しをお待
ちしております。 雪も降って白馬はベストコンディションですよ!

◆F-style奥利根
http://tsunokai.com/okutone/
コブが初めて、コブが苦手 エフスタイルが解決いたします! 平日予約制、
土日は木下校長の特別レッスンが大人気です! お申込はお早めに!

◆エフスタイルシャトレーゼ校
http://tsunokai.com/chateraise/
今年も更に充実、毎日開講コブディレッスン☆入校者特典一日リフト券2000円
にてご提供。さらにケーキセットもプレゼント♪ホテル野辺山スクールパック
料金もあります!

◆ F-style若杉高原大屋校
http://tsunokai.com/oya/
今シーズンはコブレッスン毎日開校!整備の行き届いたコブ斜面も大好評♪
毎週末行われるキャンプもお見逃しなく!コブが楽しくなりますよ♪

◆F-style八幡高原191校
http://tsunokai.com/yawata/
雪も順調に降って冬本番!モーグルコースも定位置に移動!これからコブも本
番です。 八幡高原191スキー場は広島唯一のモーグルスクールと常設モーグル
コースで上達必死!

◆F-style club モーグル選手コース
http://tsunokai.com/f-styleclub/
クラブ員Kくん中学2年生、2009年SAJB級公認大会デビュー戦、決勝進出!!
さあ、あなたも一緒にもっと上を目指しましょう。

◆freestyle gate
http://freestylegate.com/
平日休みしかない方に強い見方『デイレッスン』スタート。コースは、『上級
者入校禁止コース』『初心者入校禁止コース』の2つを用意いたしました!!
詳細はHPでチェックしてください。

◆わんぱく★キッズ
http://freestylegate.com/kids/
白馬五竜校は選べるテーマ別レッスンでメキメキ上達!!南パラダ校は『安心、
安全、楽しい』初めてスキーを履くお子様を対象にしたスキーレッスン開催中!!

◆X-tech埼玉店
http://www.x-tech.co.jp
SNOWシーズンのX-techの利用法!!
スキー場→トランポリン→スキー場
最強ルーティンで空中感覚を楽しみましょう♪

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コ  ラ  ム  2  望月 一成  千曲中央病院 整形外科
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
シーズン中のコンディショニング

いよいよシーズンインです。仕事しながらスキー場通いは、とても疲れると
思います。ですから、早い疲労回復は、健康上にも仕事上においても、大切で
す。
滑り終わったら、可能なら、有酸素運動を10分程度で良いのでやられると
、全身の血行が良くなり、酸素供給も良くなります。その上で、静的なストレ
ッチングをして、ゆっくり筋肉を伸ばすことが良いですね。

帰りに温泉に行くことも一つです。なかなか雪道を走ったり、歩いたりする
事が難しい場合もあるので、暖まってから、同様に静的ストレッチングを施行
することも良いです。
大腿四頭筋や背中が張ってしまい、姿勢維持がつらくなると思うので、背中
周囲を念入りにやって、それから四肢にうつると楽になります。つらい筋肉の
疲労を持って、ストレッチングでもいいですが、体幹から行うと楽だと思いま
す。四肢からか体幹からはじめるかの順番に関しては、各自試してみてくださ
い。
食事も大切な要素になります。まず、タンパク質。身体を構成する筋肉にダ
メージがあるので、普段より多めに取ってください。体重あたり1.5g~2g程度
を目安にしてください。できるだけ早めに(1時間以内)摂取する事が望まし
いですが、無理ならば・・・直後から30分以内なら、アミノ酸が良いです。身
体が異化状態になっているので、同化状態にしておくために、必要な栄養素で
す。
それから、糖質とクエン酸。筋肉中のグリコーゲンというエネルギー源が枯
渇しますので、できれば、30分以内に摂取できると良いですね。
ビタミンB群もビタミンCも疲労回復には最適。紫外線も浴びているので、
忘れずに。

就寝前に、もう一度ストレッチングをして、クールダウンしてあげると快眠
が得られます。できれば、12時前に寝ると効果的です。プロテイン摂取も良い

月曜日には、疲労に応じて、軽い有酸素運動と軽い負荷の筋力トレーニング
そして静的ストレッチングを組み合わせると効果的です。

インストラクターの方々は、疲労に応じて、トレーニングをしてあげると、
疲労回復が違います。身体を整えるためにも、各種トレーニング方法を取り入
れる事が大切だと考えています。
長期的に考えるならば、時期によって滑る量、トレーニング量を調節する期
分け(ぺリオダイゼーション)をして、メニュー設定をお勧めします。これは
、優秀なトレーナーに是非相談してください。

望月一成 千曲中央病院整形外科 日本体育協会公認スポーツドクター

★メディカルチェックをご希望の方は、毎週金曜日に予約制にて受ける
ことが 可能ですが、一日に一人です。(それ以上は受けられません。)

ご予約は、水曜日と金曜日の12時30分から13時30分まで受付
いたします。
千曲中央病院 026-273-1212
リハビリテーション 外来係 岡住 平田 まで

⇒メディカルチェックとは?
身体の癖を調べ、全身の筋力測定(バイオデックスという最新器械で
施行、国立スポーツ科学センターでも測定できません)とフィールドテ
ストを施行して、治療の方向、外傷・障害予防やパフォーマンス向上の
アドバイスをさせていただきます。

過去に、モーグル全日本ナショナルチーム所属選手、スポルトで特集
を受けた新谷奈津美選手やエフスタイルのA級公認選手の鷲尾選手をは
じめとするA級B級公認選手達、フリースキー・スノーボード トップ
クラスの選手達(近藤信選手・田口佳代子選手や荒巻陽子選手・岸本浩
樹選手・山口真太郎選手、フリースキーの日本の女子トップ選手の原麻
衣子選手・元基礎スキートップ選手の秋庭将之選手他、スノーボードク
ロス選手も来院)が来ています。  アルペンスキーやバ スケットボー
ル、サッカー、野球 といった他の競技の方も経験してい ます。もちろ
んウィンタースポーツ以外の他の競技もOK。

★怪我やトレーニング、体に関する質問受け付けております!
f-style@tsunokai.comまでお気軽に!

————————————————————
「FREESTYLE NEWS」は、ご登録頂いている方に無料で
お送りしています。
配信停止、配信先の変更をご希望の方は下記URLから
お願いいたします

次号は2月15日にお届けする予定です。
————————————————————-

▲発行・編集 :株式会社クロスプロジェクトグループ
▲発行日 :2009年1月15日
▲メルマガの配信停止: http://www.tsunokai.com/INDEX/mailmg.shtml
▲詳しいご質問・ご意見は、xproject@tsunokai.com へお願い致します。
▲お問合わせ:0261-72-7776(午前8時~午後5時、火/木曜定休日)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) X-project Group Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

前のページ «  Vol.63 2009/1/15  フリースタイルメールマガジン 1月号» 次のページ

このページの先頭へ